土地の売り時について

不動産の売り時について

空地や空家を所有しているんだけど、いますぐ売らないといけない理由はないし、だけど、ただ持っていても固定資産税や維持費がもったいないと感じる。

今後の不動産の売り時についてどのように考えていけばいいのかという質問をよくいただきます。

所有者の状況も様々なので一概にはいえませんが、売りたいけど、いま売るか?あるいは数年後に売るか?どっちがいいかということであれば、話は単純です。

お金の損得の話、つまりどちらが高く売れる可能性があるかということであれば、いまから数年後、その土地が高くなると思うか?安くなると思うか?の判断となります。

ここ数年で言えば、春日井の中心部の土地の成約価格は上がっています。特に勝川近辺は顕著に高いです。でも数年後も上がり続けるかどうかはわかりません。

同じ春日井市内でも逆に下がっているところもあります。

結局、土地の資産価値は立地と現況によるのですが、数年後に上がってるか下がってるかは予想することしかできませんが、正解はわかりません。

ちなみに、春日井市においては市全体でみればまだ人口が増えていますが、地域ごとでみれば増えているところ減っているところの差が大きいです。

まだ春日井はマイホーム取得の需要が高いので、中心部の土地需要がなくなることはないと思いますが、このマイホーム需要が今以上に増えることはないでしょうし、この先の相続により売りに出る不動産は増えると思いますので、どこかで頭打ちは必ずくると思います。

逆に言えば、いまマイホームで土地を買いたいという人が多いから、ここ数年の地価が上がってきたわけですが、どれだけいい土地でも相場より高ければ売れません。

なので、私の個人的な考えですが、お金の問題ではなく土地を所有し続けたい方は別として、売りたいと思ったならば、数年後に高く売れるかもと期待するよりは、ここ数年で需要の高くなってるいま売るにはいい機会だと思っています。

あとはその売るタイミングで一番高く買ってくれる人を探すというノウハウはありますが、それはまた別の話となります。

結論としましては、売りたいと思ったとき、それが売り時です。少しでも高く売ろうと思うなら、早く売ることがコツと考えます。