土地相場とは?

土地相場と売りたい価格に対する売主の実感

土地を売ろうとした場合、少しでも高く売りたいと思うのは当然のこと。

でも、売主が売りたい希望する価格と実際に買い手がついて売れる価格が違うのはよくあることです。

自分が思うよりも高く売れたらそれに越したことはありませんが、思ったほど高く売れないもんだなというのが、実際に土地を売った売主の実感じゃないでしょうか。

土地相場ってどうやって決まるの?

不動産査定というのは、言い方を変えれば現実の土地相場をお伝えする場面でもありますが、価格査定するにあたって何を重視するかというと、近隣や条件が近い類似物件が実際に売れた価格です。

土地相場というのは時価で上がったり下がったりするものですから、今現在の取引相場ということです。

たまに、「近所の○○の土地は、△△万円で売れた」といまの相場よりもはるかに高い金額で売ろうとする地主さんもいますが、それは30年以上も前のバブル時代の土地相場でしょ!っていうツッコミが必要な場合もあります。

自分のことになると冷静に物事を見れなくなるのも人の性ですが、自分だけ得しようと思うと結果損するようにできてるんじゃないかと、いろいろなお客様を見てそう思ってしまいます。

高く売るというのは、あくまでその時々の土地相場の範疇での上限を目指すというのが、土地売却で失敗しない地に足の着いた考え方じゃないかなと思います。

売りに出す価格はあくまで希望価格ですから、いくらで売り出してもいいのですが、買い手もネットで相場や物件情報を簡単に知ることができる時代なので、わざわざ相場よりも高い価格の物件をすすんで買う理由はありません。

これからますます売物件が多く増えてくる中で、他の売り物件よりもいかに優れているポイントを買い手に伝えられるかを意識したいものです。