不動産を売るときにどんな費用が必要ですか?

不動産売却に必ず発生する費用と契約条件により必要となる費用

土地や戸建やマンションなど売却する際の費用については、売買契約に伴い必ず発生する費用と売買契約の条件によって発生する費用があります。

 

必ず必要な費用

  1. 印紙代(売買契約書に貼付)
  2. 登記費用(司法書士に支払う登記書類作成費用)
  3. 仲介手数料(不動産屋に支払う手数料)

 

 

売買条件により必要となる費用

  1. 譲渡所得税・住民税(売却により利益が出た場合)
  2. 登記費用(変更登記や抵当権抹消や相続登記など必要な場合)
  3. 確定測量費用(土地の境界確定が必要な場合)
  4. 建物解体費用(土地売却で更地渡しの場合)
  5. 廃棄物処分費用(ゴミ等の処分が必要な場合)
  6. その他

 

不動産売却にともない支出した費用は、譲渡税の計算のときに経費に計上することができます。

各費用の具体的な金額については、売却する不動産の種類や金額など条件によって変わってきますので、詳細についてお気軽にお問合せください。