不動産を売るとお金はいつもらえるの?

不動産を売却したら、売主はどのタイミングで売却代金を受け取れますか?

売却代金は、売買契約時に手付金として、引渡時に残代金として、と2回に分けて、買主から売主に支払われることが一般的です。

案件によっては、中間金も入れて3回に分けたり、現金一括決済で契約と決済を同時に行う場合もあります。

手付金の目安は、売買代金の1割程度ですが、この金額は売主と買主の協議で取り決めることができます。

買主が自己資金が少なく、銀行ローンを100%借りて購入する場合など、1割未満の手付金で契約することもあります。

また、契約から引渡までに期間については、一般的には2、3か月くらいですが、それ以上の長い期間を設定するケースも普通にあります。

契約を締結する前に、売主と買主のお互いの意向や事情を踏まえて、支払条件やスケジュールを取り決めます。

取引に関する要望などがあれば、不動産屋さんにお伝えしておくといいと思います。

売却代金を使用する予定がある場合は、入金希望時期も確認しておきましょう。