じいさん父さん子ども3世代が遊びにくるおもちゃ屋

おもちゃ きらくや

昔書いてたlivedoorブログの記事を整理していたら、2007年11月21日に書いた記事が目に留まりました。

いまから11年前に、鳥居松商店街にある、おもちゃ屋の老舗きらくやに、当時3歳の長男を連れていったときの話。

その長男はもう14歳、中2です。ブログ記事に出てくる長女は二十歳です。

きらくやさんはまだまだ元気に営業されてますが、なんだか懐かしくて再度記事にしてみました。

3歳の長男を連れて「きらくや」に行って来た。

鳥居松商店街の中にある老舗のおもちゃ屋さんで、僕が小学生くらいの頃、20年以上も前、よく通っていたお店だ。

当時はラジコンブームで、田宮RCカーグランプリとかいうTV番組も流行ってて、「ホーネット」とか「マイティフロッグ」とか、みんなラジコンに夢中だった。

きらくや主催で鳥居松のマクドナルド裏の清水屋(当時)の駐車場でラジコン大会とかやっていて楽しかった記憶がある。

そんなラジコン好きな子供達がよく集まってて賑わっていたおもちゃ屋さんだ。それが20数年前の話。

ちなみにうちの長女が9歳だが、きらくやに行った事があるという。遠足のおかしを友達と買いにいったらしい。楽しかったようだ。

それを聞いて自分も久しぶりにお店をのぞいて見たくなった。ちょうど暇してた長男を連れて行ってきたわけです。

いやー懐かしい懐かしい。

商品や陳列は当時と違うが基本的に一緒。

匂いも一緒。

不思議と匂いで当時を思い出す。

おばちゃんと昔話したら、「何かその顔覚えあるわ」「ほんとかよー(笑)」みたいなお約束的な会話も楽しかった。

子供には駄菓子とボール買ってお店をあとにしました。

お店は60年以上前に創業されたそうでじいちゃんから孫まで3世代で遊びにくる人もいるらしい。

素敵だ。ながく続けていただきたい。おばちゃんまた行きます。

シティブロ 春日井city不動産blog  「じいさん父さん子供3世代が通うおもちゃ屋」 2007年11月21日

この記事書いてからしばらくして、きらくやの社長さんと地元の地域支援団体でちょくちょく顔を合わすようになったり、ほかにも子どものときに通ってた床屋さんとか文房具屋さんとか疎遠だった友人知人とか、不動産の仕事でまたご縁がつながったりとか、春日井ならではのいろんな人のつながりを感じます。やっぱり地元っていいですね。

この記事書いてから、もう11年経ちました。振り返れば、月日がたつのは早いものですが、まだまだ地元のつながりを大事にして頑張っていきたいと思います。

お店の詳細はこちら
おもちゃ きらくや 

 

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。