今は、不動産の売り時だと思いますか?

今は、不動産の売り時だと思いますか?

春日井で空き地や空き家を所有していて、いますぐ売らないといけない理由はないけど、ただ所有しているのも金銭的にも心理的にも負担になっている。これからどうするのがいいのか?というご相談が増えています。

春日井の土地の地域性や特性、お客様の事情もいろいろなので、これが正解だというのはないですが、私の考えを述べてみたいと思います。

まず、今後の春日井市の人口は、2020年ごろまで増加を続け、その後は緩やかに減少するとともに、少子高齢化が一層進行することが見込まれています。

名古屋のベッドタウンという利便性もあり土地の需要は高いのですが、同じ春日井市内でも場所によっては3倍以上の地価の差があるところもあります。

資産価値の2極化です。

人気のある場所とない場所、売れる土地と売れない土地の差はますます開いていくだろうと思われます。

ものの価格は、需要と供給のバランスで決まるわけですから、買いたい人が多ければ価格は上がり、売りたい人が多ければ価格は下がります。

土地も、需要と供給のバランスによって価格が変動します。

過去の土地神話が信じられた時代には、土地の値段は永遠に上がっていく、所有しているだけで資産が増えたわけですが、それは日本中みんなが土地を欲しがったからです。

しかし、これからは少子高齢化などの要因で、住宅の需要よりも売土地や売住宅の供給が過剰になっていきます。

これからの不動産の売り時についてどう考えばいいか?

結論としては、今後も人気の見込めて、将来も高く売れる可能性のある土地ならば、売る理由がなければ、むしろ所有しておくべきでしょう。

しかしながら、いわゆる一等地ではなく、子供が少なく高齢化がすすんでいる地域など、価格が上がる見込みがない土地であれば、今すぐ売ることが高く売るコツということになります。

家族のための大切な資産だからこそ、時代の変化に対応した不動産の所有と活用を学ぶ必要がありそうです。

土地をただ維持所有しているだけで資産が増える時代ではなくなりました。

将来、子や孫が心理的、金銭的に負担にならない不動産の在り方をいまから準備しておけば、家族に喜んでもらえる資産を残していけるでしょう。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。