家を売るのに、リフォームは必要か?

リフォームとかハウスクリーニングをして綺麗にしないと家って売れないですか?というご相談がありました。

結論としては、きれいな方が売りやすいのですが、リフォームやハウスクリーニングをしなくても売ることは可能です。

長年住んでいた一戸建やマンションを売却する場合、それなりの築年数が経過していれば、劣化や汚れが目立つことは普通です。

買い手から見れば、きれいな家の方が印象も良いと思いますが、リフォームしたからといって、その分高く売れるわけではありません。

リフォームをするにしても、クロスや床材とか表装をきれいにするのとキッチンやお風呂やトイレなどの水回り設備も手直しするのか?

によって、リフォーム費用も月とスッポンほど違ってきます。

また、売主のリフォームが買手の好みに合うのかどうかも個人差があります。

実際には、売主が個人の場合、リフォームをせずに現状のまま売りに出すことが多いです。

お金をかけなくても整理整頓をするだけで見た目の印象も変わりますし、ハウスクリーニングをするだけでもピカピカにきれいにすることはできます。

費用対効果によっては、少額でできるリフォームやハウスクリーニングくらいであれば検討してみてもいいかもしれません。

リフォームと売却の関係、メリットとデメリット

リフォームして売却する場合 リフォームせず現状で売却する場合
メリット
  • 売却しやすい
  • 買い手の印象が良くなる
  • 高く売れる可能性
  • 費用が不要
  • 現状のまま売却できる
デメリット
  • 費用がかかる
  • リフォーム費用分高く売れる保証はない
  • 買い手の印象が悪くなる可能性
  • 安く売れる可能性
価格の設定やリフォームの有無など売主様の収益がより多くなる売却のご提案をいたします。
おすすめの記事