媒介契約って何?一般・専任・専属、どれがおススメですか?

不動産を売るときの媒介契約は、一般・専任・専属、どれがいいの?

マイホームや土地など不動産を売却する場合、不動産業者と媒介契約(ばいかいけいやく)を締結します。

不動産業者は、媒介契約により売主から正式に売却の依頼を受けると、買い手を探す販売活動を始めることができます。

 

媒介契約には、

  • 専属専任媒介契約(せんぞくせんにん)
  • 専任媒介契約(せんにん)
  • 一般媒介契約(いっぱん)

という3つの契約型式があります。

少しややこしいのですが、それぞれの違いをまとめてみました。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
特 徴 1社のみに依頼する。売主自身が買手を探すことはできない。 1社のみに依頼する。売主自身も買手を探すことができる。 複数の業者に依頼できる。売主自身も買手を探すことができる。
長 所 定期的報告(1週間に1回以上)がある。業者は自社が窓口となり、他社に取引の機会を奪われる心配がないため、不動産業者は買手を積極的に見つけようと努力する(と言われている)。 定期的報告(2週間に1回以上)がある。業者は自社が窓口となり、他社に取引の機会を奪われる心配がないため、不動産業者は買手を積極的に見つけようと努力する(と言われている)。 複数の業者に重ねて仲介の依頼ができるため、業者が競い良い買手を見つける機会が増える(可能性がある)。自分で買手を探す事もできる。
短 所 自分で買手を探す事はできない。ダメ業者にまかせてしまうと無駄な時間を過ごし貴重な取引機会を逃す事になる。 ダメ業者にまかせてしまうと無駄な時間を過ごし貴重な取引機会を逃す事になる。 ダメ業者は他社で成約すると報酬がなくなることを嫌い、積極的に広告等の販売活動を行わない可能性がある。
一 言 売主には特にメリットはない形式と思います。 現実的には一番多いかと思います。 一般媒介で業者の力量がわかります。

媒介契約書には、売却物件の概要や価格、販売活動の報告義務、成約時の手数料額やその支払方法、媒介契約の有効期間などが記載されます。

一般か?専任か?専属専任か?

売主にとって大切な不動産を、安心安全にそしてより高く売るためにはどの媒介契約の形態がいいのでしょうか?

結局のところ、わかりやすい違いとしては

  • 1社に依頼するか
  • 複数社に依頼するか

ということで

媒介契約の形態によって販売手法自体に違いが出るわけではありません。

不動産業者の立場で言えば、専属か専任で1社のみで依頼を受けたい気持ちがありますが、売主にとっては1社よりは複数に依頼して競争させた方がいいような気もします。

業者である私自身、媒介の種類自体に売主にとっての正解はないと思っています。はっきり言って、媒介の形態は何だっていいです。

売却の成功につながる本筋の話としては、媒介の種類じゃなく、誰に任せるかということです。

私が売主の立場ならこうします

身近に信頼できる不動産屋がいるとすればその業者に専任でお願いします。

もしいなければ、インターネットで春日井の不動産会社を調べて、大手も地元の中小不動産屋もひっくるめて印象の良い3社に査定をお願いして、担当者の仕事ぶりをみてから、その中で2社に依頼します。それで十分だと思います。

ただ、1点だけ注意点があります。それは依頼する業者が多すぎてもよくないということです。

たくさんの業者に依頼すれば、売りやすくなるわけでもないですし、高く売れるわけでもありません。

あまりないですが、たとえば5社も10社も依頼する売主にはさすがに業者も(うわべはさておき)真剣にお付き合いしません。

10社以上に依頼してても、全く売れてない不動産もあります。

信頼できそうな業者2、3社に依頼すればまず問題ないと思います。

ちなみに、媒介契約の有効期間は上限3ヶ月です。

もしなかなか売ってくれない業者や仕事ぶりのよくない業者は媒介契約を打ち切って他の業者を探しましょう。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。