借りてる部屋を中途解約する場合、いつ誰に何を伝えればいいの?

借りてる部屋を中途解約する場合、いつ誰に何を伝えればいいの?

借りてるお部屋を退去し、賃貸借契約を契約期間の途中で解約したい場合は、管理会社にその旨を書面で伝える必要があります。

住居系、つまりマンションやアパートの場合、解約希望日の1ヶ月前までに通知するのが一般的ですが、事業系、店舗や事務所などは3~6ヶ月前までに通知しないといけないケースもあります。

いつまでに解約通知をする必要があるか?

は賃貸借契約書の中で取り決めてありますので、一般的な目安はありますが、実際は物件によって様々です。契約条項で「○か月前までに」とか決められていますので、契約書を確認してください。

なので、急に1週間後に退去しますといっても、あらかじめ決められた「○か月分」の家賃の支払い義務はなくなりませんので注意しましょう。いずれにしても退去を決めたら、とにかく早く解約の申入れをすることです。

入居時の仲介の不動産屋と管理会社が違うときがあって、どこに連絡していいかわからない場合もあると思いますが、通知する相手は貸主である大家さんになりますが解約手続きの窓口対応は基本的に管理会社となります

管理会社がわからない場合は、解約時の連絡先が契約書類に記載してあります。もし書類がない場合でも、仲介の不動産屋に聞けば教えてくれます。

また、電気や水道やガスや電話などの解約手続き、荷造りもなんだかんだで手間がかかるので、出来ることから早めに準備しておくと、後で慌てずにすみます。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。