お部屋を借りるとき、保証人は絶対に必要ですか?

賃貸借契約に連帯保証人が必須

賃貸物件を借りるにあたり、ほとんどの物件で連帯保証人を求められます。

保証人は、万一、入居者が家賃の滞納をした場合や、大家さんに損害を与えた場合に、その債務を肩代わりしないといけません。

貸主である大家さんにとっては、賃貸物件が自身の生活の大切な収入源ですので、借主と万一のトラブルがあったときの保証がないまま貸すのは不安というのが正直なところです。

一般的には、入居者の親族や近親者で安定収入のある方になってもらうことが多いです。

法人の場合は、代表者個人が保証人になりますが、追加の保証人を求められることもあります。

保証会社の利用も増えている

最近では保証会社の利用も一般的になりつつあります。

一定の審査と保証料が必要ですが、保証人がいない場合でも、保証会社の保証を受けることを条件に、入居可能な物件もございます。

いずれにしても、保証人を立てるかか保証会社の保証を受けるかしないと、基本的には入居を断られると思ってください。

マイホーム購入時の住宅ローンは原則保証人不要

ちなみに、売買のケースで、住宅をを購入するとします。銀行から住宅ローンを借りる場合は、保証会社の保証が必須で、基本的には連帯保証人を不要なのです。

賃貸とは、逆なのです。近い将来、賃貸の場合でも、保証人ではなく保証会社を利用することが当たり前になるかもしれません。

おすすめの記事