2番手で申込みした物件を買える可能性はあるか?

気に入った物件が、1番手の申込みが入っていた場合どうするか?

やっと購入したいと思える土地を見つけて、不動産屋に問い合わせたら、すでに商談中だった。

1番手の申込みが入っているとのことで、2番手でよければ申込みできますと言われたけど、実際に購入できる可能性はあるのか?

という質問がありました。

お客様からすると残念な話ですが、こういうケースは意外とよくあるのです。

では、2番手が購入できる可能性はあるのでしょうか。

もちろん、1番手がそのまま売買契約に至ることがほとんどですが、申込みをキャンセルする場合もないわけじゃありません。

単純に買う気はなくなったとか、親から反対されたとか、住宅ローンの審査がNGになったとか、契約するまでは、いろいろな事情で申込みがキャンセルになるケースがあります。

2番手にチャンスが回ってくることも可能性としてはあるということです。

すでに商談中でも、ダメもとで2番手で申込みをいれてもいいし、すっぱりあきらめて、別の物件を探しても良いと思いますよ。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。