返済比率ってなに?住宅ローンをいくら借りられるのか?

「私は住宅ローン借りられるのか?」「借りられるとして、どれくらい借りられるの?」

今日は、住宅ローンの借入可能額の目安、返済比率による計算方法についてお話したいと思います。

まず、住宅ローンの審査をする金融機関は、住宅購入者の税込年収に対して25~40%の返済比で収まる金額を返済可能と判断します。

この返済比率内であれば必ず融資が受けられるわけではないですが、あくまで目安とお考えください。

また、この比率は金融機関によってもお客様の年齢や職業や年収などの属性によっても変わる可能性があります。大手企業や公務員の方などは、返済比率が40%とか高めに設定されるケースが多いです。

例えば、年収400万の人は返済比率が35%までOKの金融機関があったとします。

そうすると、「年収400万円 × 返済比率35% = 年間返済140万」 となります。

この人の場合は、年間140万円までの返済(月額にすると約11.6万円)は大丈夫だろう。という判断になるわけです。

では月額11.6万円の返済が大丈夫だとして、いくら借入できるでしょうか?

 

例えば、借入期間30年、金利を2%で計算する場合

①3200万借りると、月額118,278円、年間1,419,336円 となります。
②3100万借りると、月額114,582円、年間1,374,984円 となります。

 

上記の年収400万で返済比率35%で考えた場合

  1. 借入額3200万円だと、年間返済額が141万で、返済比率35%オーバーでNG
  2. 借入額3100万円だと、年間返済額は137万円で、返済比率35%以内でOK

となるわけです。

 

ちなみに、金利が高いほど、また借入期間が短いほど借入可能金額は低くなりますし、その逆に、金利が安い、借入期間が長い場合、借入可能金額は高くなるというわけです。

 

金利の動向など社会の経済状況によっても住宅ローンは影響されると言えます。また金融機関によっては実際の金利にかかわらず、審査上は4%の金利で返済比率で計算するところもあります。

この返済比率はあくまで目安ですが、実際の審査においては他のローンやクレジットがあるとその残債や返済月額なども考慮に入れますし、お客様の個人信用情報や購入する物件の担保価値等いろいろな要素を総合的に判断するということになります。

一般的に売買を中心で行っている不動産業者であれば、住宅ローンにも精通していて各銀行窓口の担当者ともコンタクトを常時とっていますで、ご自分の借入計画について早めにご相談されることをおすすめします。

 

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。