【動画/5分】春日井の古アパートの売却について

老朽化アパートの売却

よく町でみかける古い木造の2階建てのアパートってありますよね。

築3、40年以上で戸数4戸~6戸くらいで、土地もそこまで大きなものは少ないでしょうか。外から見ると、入居者はいるのかな?って思うようなメンテナンスもそこそこのいわゆる昔の老朽化したアパートです。

先日、春日井市内で古アパートを所有しているオーナーさんから、今売るならいくらで売れる?というご相談がありましたが、古アパート付の土地てどんな評価になるでのしょうか。投資用の収益物件として売るか、土地として売るか、ほかに需要があるのでしょうか。

今日は動画で少しお話します。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。