空き地空き家の潜在的な需要を見つけて収益化

少子高齢化時代の賢い不動産の収益化

数字で見る少子高齢化

厚生労働省の国の人口動態データというのがあります。

平成28年は、出生者数が約97万人に対して、死亡者数は約130万人、人口が33万人少なくなったそうです。

平成29年は、さらに出生者数は約94万人で約3万人少なくなり、死亡者数は約134万人で約4万人増えて、人口は約40万人少なくなりました。

この少子高齢化の流れは今後も続くので、出生者は減り、死亡者は増えていく。良い悪いではなくそういう時代です。

春日井市の人口予測データをどう見るか

とうぜん春日井市でも同様の流れで、平成29年の人口は約31万人はいまのところのピークです。約30年後の人口見込みとしては約12%ほど減少して約26.8万人となる予測もあります。

土地へ減らないが、人は減っていく時代。

そんな時代の不動産との賢いつきあい方を学ぶ必要がありそうです。

あなたの不動産は資産となるか、ならないか

一般論としては、いくら少子高齢化になったとはいえ、資産として不動産の価値がなくなることはないと考えます。

でもその価値は固定的に保証されたものではなく、相対的なので価値が上がったり下がったりします。

要するに、その土地を欲しいと思う人が多いのか少ないのかによって、価値が変わるわけです。

人里離れた不便な場所だったり、住むのに劣悪な環境の土地ならば、極端に言えば、タダでもいらない土地になる可能性もありますし、現実的に売りたくても売れない土地というのは田舎になればなるほど増えているのです。

その一方で、都心の一等地などは人気が集中してる土地というのも存在します。住みやすい、生活に便利、街並みがいい、活気があるとか、価値が上がってる土地もたくさんあるのです。

よく耳にする言葉ですが、「二極化」がますます進んでいくと考えています。

二極化時代の「資産としての不動産」との賢いつきあい方

最近は相続などをきっかけに、どうしたら一番いい形で不動産の活用できるかを真剣に考える方が増えてきています。

私自身も20年前に父が亡くなり相続を経験していますが、その当時はまだ知識も経験もなく母と税理士さんに言われるがまま何も考えず相続をすませましたが、いま思えば税金面でも収益面でも相続人全員がよりメリットのある不動産活用ができたと思っています。

私は45歳ですが、世代的には先祖代々の土地は守りたいという価値観もわかりますが、固定資産税のコストや維持管理の手間を極力なくして、不動産に縛られない自由な考え方をする人も増えています

「家を守る、土地を守る」旧来の所有の価値観にとらわれない、家や土地にあわせた生き方ではなく、自分や子どもの幸せな生き方にあわせた不動産とのつきあい方を求めていると感じます。

所有するのは価値ある不動産だけでいい

価値ある不動産というのは、買うとか借りるとかなにかしらの需要があるということです。誰が見てもいいとわかる土地だけではありません。

10年以上放置されていた空き家の活用相談を受けて、倉庫としてそのまま貸して年間100万以上の収益化に成功した事例もあります。空き家は解体して駐車場にでもするしかないけど収益は厳しいとあきらめていたそうなので、倉庫需要を見込んだ提案にお客様は大変喜んでいただきました。

中にはどうしようもない収益化のむずかしい不動産というのもありますが、見た目の需要だけで判断せず、潜在的な需要を見つけることが私の得意な分野でもあります。

あなたの空き地空き家の潜在需要をアドバイス

所有している不動産で収益化したいとか、得する活用方法を知りたいという方は、空き地空き家の需要診断をご相談ください。

春日井シティ不動産の成功事例もご紹介させていただき、あなたの不動産にあった活用方法をご提案させていただきます。

お問合わせ

お問合せ内容をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。24時間以内にご返信いたします。

お急ぎの場合、お電話にてお問合せ下さい。TEL(0568)87-3921  担当:山本です。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。