空き家相談増えています

春日井の空き家相談が増えています

ここ数年、空き家問題のニュースを目にする機会が増え、相続した空き家をどうすればいいかという相談も増えています。

なんでも日本全体の総住宅数が6063万戸で、そのうち空家が820万戸、空家率が13.5%でこれからますます空家が増えていくだろうと。

この統計は戸建だけじゃなくアパートやマンション、別荘なんかも含まれているようですが、そりゃどんどん新築が増えて人口が減っていくわけですから空家は増えていくに決まっています。

ちなみに空家率が一番高いのが山梨県で17.2%で、わが愛知県は12%ということで下から全国10番目の低さらしいです。

空き家といってもいろいろありますが、問題になりそうなのは廃墟状態で古家が放置されているようなもので、近隣の防犯防災や風紀上、住環境に悪影響があることは想像できます。

空き家の固定資産税を更地並に上げることも検討されているようですね。

売るなり貸すなりできれば問題は解決するわけですが、所有者にもいろいろな事情があって売るに売れない、貸すに貸せないとかもあるでしょう。

少子化高齢化で人口も減っていけば、一部の都会の人気エリアを除けば、不動産の供給が需要を上回っていく流れとなりますので、いわゆる郊外や田舎といわれる地域は、所有者は売りたい貸したいと思ったとしても、その買い手や借り手がいないとか、そもそも需要がないという不動産も増えてくるでしょう。

幸いなことに、春日井はまだ不動産の需要は住宅中心に強いので、売るのも貸すのもできないもない、手の打ちようがないという不動産は少ないと思われます。

使い道のない不動産は、負の資産となる可能性もある時代です。価値のある不動産とそうじゃない不動産の見極めが大事になります。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。