春日井市外在住の相続人が春日井の土地を相続した場合

最近の駐車場や空き地管理の相談で多いと思うのは、遠方のお客様で、春日井の土地を親から相続したのだけど、その土地をどうすればいいかというものです。

特に夏場とか、草刈りも大変ですし、ゴミが捨てられたりとか、春日井に住んでいない地主がご自身で管理していくのは大変です。

草刈りとかゴミの処分とかは、その都度、業者さんに頼めば作業してもらうことはできますが、土地になにかあったときにすぐに対応できる体制を整えておきましょう。

また土地の活用の仕方に問題や改善点についても将来的な需要と供給のバランスも踏まえて定期的にチェックしておきたいところです。

相続人に喜ばれる土地と負担をかける土地

土地の広さや形や周辺環境などよってその土地に向いてる用途やニーズもそれぞれ違いますので、駐車場に向いてる土地もあれば、向かない土地もありますし、資材置き場とか住宅向きとか事業向きとか土地にあった選択肢があります。

すでに駐車場や他の用途でも貸していらっしゃる方やこれから土地の収益化を検討したいという方も、ご所有の土地が本来どういう用途に向いているのか、今以上に収益をあげる可能性を把握しておくことはとても大事なことだと思います。

まずは客観的にご自身の土地の資産価値を把握するということ。その上で、現状維持で様子を見る、さらなる収益化を狙う、売却するなど、土地の資産性を最大限に活かすための選択をしていけばいいと思います。

市場の需要と供給のバランスでみて、資産価値の高い土地もあればそうでない土地もあるでしょう。

いまどきは、せっかく子どものために大事に残しておいた土地なのに、子どもに土地はいらないと拒否されてるケースもあったりします。

相続したあとで子どもたちの負担になることのない資産管理が求められています。時代の流れを見極めていきたいものです。

おすすめの記事