家族で転勤が決まりました。さて、引越し後のマイホームをどうしたらいいか迷っています。売るのがいいか貸すのがいいか。それとも、そのまま所有し続けた方がいいか。

転勤後のマイホームをどうするか?売るか?貸すか?そのままか?

基本的には、『売るか』、『貸すか』、『そのまま維持するか』の3択です。

 

ではまず、『そのまま維持する場合』を考えてみましょう。

この場合、住宅ローンの返済と固定資産税の支払いが継続されます。

例えば、単身赴任の場合は、ご家族はそのまま暮らすわけなので、現状維持となるケースが多いです。

家族揃って転勤される場合でも、Uターンする可能性があったり、愛着のある家だから残したいというケースもあります。

次に『貸す場合』です。

この場合、家賃という収入を得ることがメリットです。

住宅ローンの返済と固定資産税の支払いは変わりません。

デメリットとして、貸すための修繕費用コストが必要となること。

空室期間や家賃滞納、修繕責任など収益を悪化させる要因が少なくないこと。

そして、賃貸借契約後は、貸主都合の解約は基本的にできないこと。

デメリットも少なくないので、そのリスクをカバーできる収益とノウハウが必要です。

『維持する』にしろ、『貸す』にしろ、金銭的な損得として考えるとメリットは少ない気もします。

それでも、住宅ローンがない場合やいつでも一括返済できる場合は、所有し続けてもリスクは少ないでしょう。

損得勘定よりも「愛着あるマイホームを残したい」という気持ちを重視した選択になるかと思います。

 

最後に、『売る場合』です。

住宅ローンが残っている場合、売却により一括返済できるなら、メリットは大きいです。

ローン返済と固定資産税の負担ゼロ。次のマイホームを買うときの支障がなくなります。

ローン残額によっては、売れる金額との兼ね合いもあるので、売りたくても売れないケースもありますが、維持する積極的な理由がなければ、売る選択をされるケースが多いと思います。

かつての土地バブル期のような地価が上がり続ける時代であればいざ知らず、現在はローン元金が減るよりも不動産価値が下がるスピードの方が速いです。

春日井の地価は安定してはいるものの、地域によっては下落もありますし、建物については経年で必ず減価していきます。

いずれは売却というスタンスでご検討するなら、数年後に売るくらいなら、今売った方が高く売れる可能性は高いと思われます。

ベストな答えを出すためには

  • マイホームの時価評価
  • 住宅ローン返済額や残債
  • 賃貸市場と売買市場の動向

をまず知ることです。

それを踏まえて

あなた自身やご家族の意見を整理する必要があります。

 

春日井の不動産であれば

現状維持の場合、貸した場合、売った場合の

無料レポートを差し上げます。

 

まずはお気軽にご相談ください。

おすすめの記事