春日井のむかし話 鎹祭(かすがいさい) 前編

むかーし、むかしのおはなし。

春日井というまちができる前のずっとずーっと大昔のおはなしです。

この地方には、4つの村があり、たくさんの村人達が仲良く暮らしていました。

そして、その4つの村の境には、たいそう立派な大木がそびえたっていました。

その大木は、太古の昔から神が宿る木と言い伝えられていて、4つの村の守り神として、先祖代々とても大切に古くから祭られていたのでした。

 

しかし・・・

時がたつにつれて・・・

村人たちはご神木に守られた豊かな暮らしに慣れてしまったようです。

まわりのことはほっといて、自分のことばかり考えるようになってしまいました。

お互いを助け合ったり、人や自然へ感謝したりする心がなくなり、村人どうしの仲も悪くなっていったのです。

あげくの果てには・・・

そのご神木を自分達の村だけのものにしようとして、村同士の争いにまでなってしまいました。

 

村人たちの自分勝手な振る舞いはひどくなるばかりでした。

村どおしの争いごとも増えるいっぽうです。

ついに・・・

神様がお怒りになりました。

あたり一面が真っ暗になり、空はかみなり雲でおおわれました。

すると突然・・・

「ゴロゴロッ!!」・・・

「ピカッ!!」・・・

「ドーーーン!!」

大きな雷鳴が鳴りひびき

いかづちの閃光が

ご神木に直撃したのです。

今まで村びとたちを守ってくれたご神木は4つに砕かれてしまいました。

ついに、天罰がくだってしまったのです。

 

村の守り神であったご神木が砕かれてしまいました。

大切なご神木を失ってからというもの

村びとの暮らしは、日に日に悪くなっていきました。

村中で病気や不作などの災いがふえる一方となっていったのです。

みんな悲しい思いでいっぱいで

不安な生活をおくるようになっていました。

自分たちのこれまでのわがままな振る舞いが原因とはいえ

村びとたちはたいそう困り果てていました。

そんな中

村びとの心の中には少しづつ

後悔や反省の思いもめばえるようになっていました。

 

自分たちの身勝手な振る舞いがもたらした生活はたいへんつらいものでした。

人とのつながりや助け合いを大切にし

みんな仲良く幸せに暮していたのはついこの間のように思えます。

どうしてこんなことになってしまったんだろう。。

ようやく

村びとたちは自分たちの過ちに気づいたのです。

ひとりひとりがこれまでの自分勝手なわがままな振る舞いを反省しました。

そしてまたかつてのような幸せな暮らしに戻るためにはどうすればいいのか

村びとみなで真剣に話し合うことになりました。

 

・・・後編につづく。

 

 子どもたちに伝えたい春日井のむかし話

  1. 鎹祭(かすがいさい)前編
  2. 鎹祭(かすがいさい)後編 
おすすめの記事