実録!不動産屋が買換えしたらこうなった~マイホーム新築編~第3話

僕イチオシだった東濃で有名な工務店A社

一番最初に提案を受けた工務店A社さん、もともと親近感もあるし、対応も丁寧だし、価格もイメージ通りだし、いい感じ。悪くない。

私としてはもうここで決めちゃってもいいんじゃないのという感じさえありました。

でも、奥さんのA社さんに対する感覚は少し違っていました。

いいんだけど、悪くはないんだけど、間取りとかの提案に女性目線が欠けていると。

家事導線とか収納とかしっくりこないと。

悪くはないんだけど、ここに住みたい!というようなワクワクする生活がイメージできないといいます。

悪いわけじゃないんだけど(何度も言う)、もう少し他の会社の話も聞いてみることにしました。

自然素材が売りのローコスト系工務店B社

もう1社、知り合いから紹介された工務店B社にも話を聞きに行きました。

B社は自然素材を売りにしたローコスト系工務店で、僕のお客様にもこちらで建築したことがある人もいてコストパフォーマンスが良いという評判は聞いていました。

展示場に伺ったときに、たまたま社長さんがいて直接家づくりに対する思いとかいろいろ素敵な話も聞けたのですが、直感というかフィーリング的には僕たちとは合わないかなというのが率直な感想。

B社の家づくりのこだわりや会社の営業スタイルが強くあって、もしB社で建てるとなると、すべてをB社のやり方にあわせないといけない。

悪く言えば融通が利かない感じ。

もう一点、特に気になったのは、対応してくれた営業マンの経験値や人柄が私たちが求めたいレベルではなかったと思ってしまったこと。

(上から目線でスミマセン。。。でもここが家づくりを後悔しないためにはとても大事と言いたいです)

僕としてはB社で自分たちの理想の家づくりをするのはむずかしいだろうなと思いました。

なので、次のアポはとりませんでした。

自然素材をふんだんに使いデザイン性が高いC社

次に、C社にも話を聞きました。

ここも自然素材とデザイン性の高い建物が売りですが、価格は高めの建築会社。

A社B社と比べると坪単価で最低20万くらい違ってくる感じ。

展示場にいくとやはりお洒落でこんな家に住めたらわくわくするよねーっていう分かりやすく素敵な感じです。

人の対応も良くて、ただ家を売っているのではなく、家族の幸せな暮らしを売っていますという感じで僕好み、そして奥さんも気に入った様子で、めずらしく夫婦の意見が合いました(笑)。

こちらにはぜひ提案を受けてみたいと次の面談もお願いしました。

またこのタイミングで奥さんが「この会社もよさそうじゃない?」と

近所で完成見学会で見つけた工務店D社も急きょ候補に挙がりました。。。つづく。

 

 実録!不動産屋が買換えしたらこうなった~マイホーム新築編~全5話

おすすめの記事