「実録、我が家の買換え体験談、マイホーム売却編7終」

「実録、我が家の買換え体験談、マイホーム売却編7終」

今回、我が家の買換え体験ということで、マイホーム(築20年4LDK中古マンション)売却にあたり、わたくしは不動産屋ではなく一個人の売り主の立場で、不動産屋さんにおまかせしたわけですが、非常に満足いく結果となったと思っています。

結果論になるかもしれませんが、今回の売却に関して満足した理由を自分なりに考えてみました。

売却の満足ポイント。まず、一つ目。

売却できた価格に満足。

基本的に、売り主としては、高く売れれば満足する可能性は高いと思いますが、もし私の相場観が、現実の相場を無視し、もっと高く売れて当たり前の感覚であれば、1730万で売れても不満でしょうし、値交渉の段階で破談にしていたかもしれません。

不動産屋はそれぞれ査定により価格の提案してくれますが、高いところもあれば安いところもあるでしょう。ただただ査定価格が高いことばかりを求めると、適正な相場観を見失ってしまう可能性もあります。私の場合は、査定価格を参考にして適正な相場観をもとに販売価格を決められたことがよかったと思います。不動産屋なんだから当たり前と思われるかもしれませんが、不動産屋でも相場を読み間違えることはあります。

売却の満足ポイント。二つ目。

販売開始してから成約までの期間にも満足。

これも大事です。私の場合、販売開始してから3カ月半くらいで成約となりました。もう1,2カ月くらい遅くても余裕がありましたが、もし4月過ぎても売れなければ、焦っただろうし、大幅な価格交渉にも応じざるを得ない状況になっていたかもしれません。

売却の満足ポイント。三つ目。

お任せしたC社の担当Oさんとの相性がよかった。

担当者の力量や人柄は大事です。会社も大事だけど、担当者はもっと大事です。おそらくOさんは私にかなり気を使ってやりにくかったと思いますが、誠実な人柄でまめに連絡をとりあえたのがよかったです。営業スタイルは控えめな感じでしたので、もう少しアクティブでもいいかなとも思いましたが、反響があればしっかり交渉をまとめてくれるだろうという安心感がありました。

売却の満足ポイント。四つ目。

いい買い手さんとの縁があった。

不動産取引は縁のものとよく言われます。抽象的な話ではありますが、やはりすべては縁。そう思います。なんとなく相性がいいなと思った担当Oさんとの縁から始まり、Oさんがいい買い手さんとの縁をつなげてくれたと思います。

今回のマイホーム売却で、私が気を付けたのは、お任せしたOさんがやりやすいように、売り主としてサポートするということです。

余計な口出しはせず、業務連絡だったり案内の対応だったり、レスポンスを早くなるべく即時に対応することです。案内のときもなるべくお部屋をきれいにするとか、必要な書類は早く用意するとか、質問があればなるべく早く回答するとか、アドバイスや要望あればなんでも遠慮なくいってほしいとか、売り主としてできることはしますというスタンスでした。

私の思いと裏腹にOさんはやりにくかったかもしれませんが。

あと、縁という話で言えば、例えば、いい人はいい人と、誠実な人は誠実な人と、実力のある人は実力のある人と、つながりやすいと思います。なので、売り主としては誰に売却を頼むかで、上手くいくかいかないかは決まる。つまり、私の場合、Oさんに頼んだ時点で、売却の成功はほぼ決まっていたとそう思っています。

これで、我が家の住み替え体験談、売却編は終わりです。

あと、土地の購入編、仮住まい編、新築編。がありますが、すべて一昨年夏から昨年秋にかけての話で、基本的に並行して体験いたしました。わたくし自身がお客さんの立場で体験してはじめてわかったことがたくさんありました。またぼちぼちですが、ブログ記事に掲載していきたいと思います。

それでは。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。