不動産取引に至るまでのプロセスが不動産屋の腕の見せ所

不動産屋としての腕の見せ所といいますか、解決するのが簡単ではないだろう案件の相談が続いています。

口約束だけの賃貸契約に関する問題だったり、十数年借りてる店舗の土地を買い取りたいという内容だったり、どちらも春日井なんですが、相手方との交渉がむずかしいであろう相談です。

内容はまだ詳しく書けませんが、売主と買主、貸主と借主、そもそも利害が対立しやすい立場ですし、ごくごく普通の不動産取引であっても、価格交渉などは典型的ですが、大なり小なり交渉事が入ってくるものです。

今回の相談ですが、もちろん依頼主の立場にたって解決策を考えますが、依頼主の意向をそのままストレートに相手方に伝えたところで、話にならないであろうことは容易に想像できますので、相手方にとっても利のある話に持っていけるかどうか。

まずは相手に交渉の土俵に乗ってもらえるかどうか、そこが依頼者の期待に応えられるかどうかの第一関門といったところです。

すでに売買するだけの状態、賃貸するだけの状態の仕事も嬉しいのですが、不動産取引にいたる前の問題からかかわらせていただくのが、不動産屋としては腕の見せ所みたいなところがあります。

商売としては,最終的に不動産取引が成立しないと1銭にもならないということになりますが、こういう面倒な相談は私は好きです。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。