土地の売り方に工夫ができないか考えて提案します

道路と間口が狭い土地の売却

春日井のある土地を売却したい方がいるとのことで友人に紹介いただき、地主さんにお会いしてきました。

まずは地主さんの状況や意向などお伺いしながら売却の提案内容を考えますが、今回の土地に関しては場所は良いものの、前面道路の幅員が狭小で間口も狭いので、現状のままで売るとなると地主さんの希望価格で売るのは難しいと判断をしました。

例えばですが、もし隣地と交渉して一部でも土地を買い増して間口が広げられれば、車の出入り等のネックは解消できて住宅用地として申し分のない土地に生まれかわる可能性がありますが、それが無理であれば、現状のままで買い手を見つけなければなりませんので、価格はかなり妥協しないと売れないと思われます。

とりあえずいったん売るのをやめて様子をみる選択肢ももちろんありますが、まずは下調べをして調整すべきこともあるので、そのあたりを整理して提案させていただき、それからどのように売却していくか決めましょうということになった。

いずれにしても長丁場になりそうな案件ですが、人のつながりでお仕事をさせていただけるのは本当にうれしいです。

直ぐに成果が出ないことも多い仕事ではありますが、どうにかして売却を成功させたいと思っています。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。