転勤後のマイホームの考え方について語る

家族で転勤が決まりました。さて、引越し後のマイホームをどうしたらいいか迷っています。売るのがいいか貸すのがいいか。それとも、そのまま所有し続けた方がいいか。

転勤後のマイホームをどうするか?売るか?貸すか?そのままか?

ベストな答えを出すためには、マイホームの時価評価、住宅ローン返済額や残債、賃貸市場と売買市場の動向、そして何より大事なのはご主人や奥様、家族の意見をまず整理する必要があります。

単身赴任の場合は、ご家族が暮らすので現状維持となると思いますが、家族で転勤される場合、将来Uターンする可能性やマイホームへの思い入れにもよりますが、基本的には売るか、貸すか、そのままか?の3択になろうかと思います。

まず、そのまま空家で維持し続けるという場合、住宅ローンの返済と固定資産税がコストとして必要になります。

また、賃貸で貸す場合は、家賃という収入を得ることができますが、住宅ローンの返済と固定資産税、貸すための修繕費用がコストとして必要になります。また、空室期間や家賃滞納、修繕責任など収益を悪化させる要因があること、そして賃貸契約は貸主から一方的解約は基本的にできないことは理解しておかないといけません。

現状のままにしろ、貸すにしろ、マイホームを所有し続けることを選択する場合、金銭的な損得としてのメリットはあまり感じられませんが、損得勘定よりもマイホームを残すという気持ちに重きをおいた選択かと思います。

 

次に、売る場合です。

金銭的な損得でいえば、住宅ローンが残っている場合は、売って精算できるのであれば、メリットは大きいと思います。

なにより、ローン返済と固定資産税のコストがなくなるのは大きなメリットですし、次のマイホームを買うのにも支障もなくなります。

売却できる金額とローンの残額にもよりますが、現実的にはローン残高が多く、売りたくても売れない可能性もあります。

個人的には、売っても貸してもどちらでもいいのであれば、売った方がメリットのあるケースが多いと思います。

地価が上がり続ける時代ならいざ知らず、今はローン元金が減るよりも不動産の価値が下がるスピードの方が速いです。春日井の地価は割と安定して推移していますが、場所によっては下落もありますし、建物については経年で必ず減価していきます。

春日井の土地建物においては、値上がりを期待して所有し続けるという選択は、現実的ではありません。

貸すことを選択するケースは、将来にどうしても残しておきたいとか、売りたくても売れない事情があるとか、限定的な理由になろうかと思います。

住宅ローンがない場合については、所有し続けてもリスクは少なくていいと思いますが、もし春日井で売ることを考えるなら、数年後に売るくらいなら、今売った方が高く売れる可能性は高いと思われます。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。