中古マンション売却リフォームを語る

今まで住んでいたマンションを売却しようと思うが、リフォームして綺麗にしないと売れないか?という相談がありました。

中古マンションを売却するときリフォームは必要か

20数年住んだマンションなので経年の劣化で、クロスや床は痛みが激しいですし、キッチンやお風呂なども使えないことはないけど、新しい買主がそのまま住むというのは難しそうです。売主としては、なるべくリフォーム等の費用をかけずに、売りたいところですが、このまま現状でも売れるのだろうかと心配になりますね。でも安心してください。

結論から言うと、売主によるリフォームはせずに現状のまま売却されているケースの方が圧倒的に多いです。

個人が売主の場合は、ほぼ現状での売却です。つまり、買手は中古の現状のまま購入して自分でリフォームするということです。ただし、買い取り再販業者が売主の場合には、リフォーム済となっていて買主はすぐ住める状態で購入することができます。

もちろん、お部屋とリフォーム状況の優劣が価格には反映されています。売主としても高く売れるならリフォームして売ろうかなという方もたまにいますが、リフォームした分高く売れる保証は全くありません。

買主としては素敵なリフォームがしてあって価格も安ければいうことはないのですが。。。

リフォームせず現状のまま売却可能

売主の立場のお話としてまとめると、売却のためにリフォームをする必要は特にはありません。希望する価格で売れるかどうかは別ですが、春日井市内の各マンションの相場があり売却は必ずできますので、リフォームの必要性についての心配はご無用です。

 

ご質問・ご要望は春日井シティ不動産の山本までいつでもお気軽にどうぞ。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。