分譲マンションの水漏れについて語る

少し前ですが、お客様が住んでいる築40年の分譲マンションで水漏れがありました。下の階の方から天井から水が漏れてるとの連絡を受けたのですが、お客様の部屋のキッチンもお風呂もトイレも水が漏れてるような箇所はなく、いったいどこから漏れてるのという状態でした。

築40年の分譲マンションの水漏れの原因

洗濯ホースが外れてたとか、排水口にものををつまらせたとか、個人の不注意で水をあふれさせて、下の階に漏れてしまうということがありますが、今回は見た限りでは原因がわからない。

念のため、このお客様の部屋の両隣の方にも確認しても、水漏れの気配はない。でも、下の階の天井からは確かに水が漏れていたのです。

そこで、水道設備業者さんに見てもらうこととなりました。

結果としては、お客様のお部屋の床下のキッチンの排水管に亀裂がありそこから漏れていたのでした。だから、床をめくって初めてわかったわけですが、床下は水浸し。

築40年のマンションですから、マンション全体の設備も劣化しているわけです。お客様としては、変な使い方をしたわけでもなく、不注意でもなく、みんなとと同じように日常の生活をおくっていたら、ある日突然、床下配管のつなぎ目が経年劣化の亀裂で水漏れを起こしたというわけです。

分譲マンションの水漏れの場合、個人の不注意によるものは別として、配管そのものに水漏れの原因があった場合、その配管がマンション全体の共有の場所であればマンション管理組合が、お部屋の専有部分内のものはその所有者が、水漏れの責任を負うことになります。

今回は、残念なことに、床下とはいえ、専有部分の配管であったため、お客様の個人負担で水漏れ被害の修復することとなりました。

このマンション全体で個人賠償対応の保険は入ってなかったのですが、お客様が個人賠償保険に入っていたのでそれで対応できたようです。もし、お客様が保険に入ってなかったらと思うとゾッとしますね。

築40年の古いマンション、しかも目に見えない部分の話だったので、原因がわかるまでは、お客様も、他の住民の方も、管理組合の理事長も不安だったと思います。

古いマンションの水漏れ問題。

お客様は運が悪かったとしか言いようがありませんが、誰にも起こりえることですので、決して他人ごとではありません。

水漏れが起こるたびに個人負担か組合負担かでぎくしゃくするより、できるならマンションの管理組合として個人賠償にも対応できる保険に加入しておいたほうがいいですね。

管理組合=所有者(居住者)です。

住みよい暮らしの為に、マンションの住民がお互いが協力関係にあればあるほど、マンション全体の資産価値にも良い影響があります。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。