春日井の土地査定を語る

少しでも土地を高く売りたい・・・。
売主の人情としてそう思うのは当たり前ですが、土地を売却するときの価格ってどうやって決まるのでしょうか?

春日井の土地売却における査定価格

春日井市内においても人気の場所とそうでない場所の二極化が進んでいます。となりの土地が坪40万だからうちも40万で売れるとは限らないくらい、土地にはそれぞれ個性があるし、売主の事情やその時の相場によって価格は変動しています。人口減少、土地余りの時代の土地売却は、買い手や市場の動向をいかに読めるかがとても大事です。売主も買主も幸せにつながる賢い土地売却をしていきましょう。

仲介査定と買取査定の違い

それでは、土地査定のお話です。

最初に知っておいていただきたいのは、土地の価格査定というのは、
『仲介による査定』と『買取による査定』の2種類あるということです。

一般的には『仲介による査定』がほとんどでして、
これはいわゆる普通の売買取引相場、おおよそ3カ月以内を目安に買い手が見つかるであろう価格、つまり成約予想価格を示します。

そして『買取による査定』の場合は、その名の通り、業者が転売する目的で買取をしてくれる価格ですが、この場合、仲介による査定に比べて大幅に安くなってしまうのがデメリットとなりますが、売主の希望でとにかく早く売却したいという場合は、確実かつ直ぐに現金化できるというメリットがあります。

ところで、私が価格査定をするにあたっては

  1. 過去に成約した近隣土地の価格
  2. 査定する土地の良い条件と悪い条件の評価
  3. 査定する土地の周辺環境
  4. 買手や近隣売地の市場動向
  5. 売主が売却する事情と希望 

売主としては、2,3社くらいに査定依頼をしてみると、いくらで売れそうかという具体的な金額のイメージができるかと思います。そして、不動産業者が提示した『査定価格』を参考にして、売主様の『希望価格』を踏まえ、『売出価格』を決定する流れとなります。主に上記の項目を考慮して査定価格を算出します、そのために現地での調査や役所関係の調査、売主様からのヒアリング、現在と過去の販売・成約データの抽出等をおこなったりします。

最後に、査定価格というのは、買取の場合はこの金額で買い取りますという絶対価格なので安いけど売れる保証のある価格ですが、仲介の場合はこの価格なら売れるであろうという予想価格ですから売れる保証のない価格といえます。仲介の場合、査定価格を甘くも厳しくもできてしまうので、売主を惑わせる要因にもなるので、信頼のできる不動産業者に査定してもらうことが一番重要といえます。

 

ご質問・ご要望は春日井シティ不動産の山本までいつでもお気軽にどうぞ。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。