売出す価格イコール売れる価格というわけではありません

売主の心情として、自分の不動産を少しでも高く売りたいと思うのは当然のことです。

不動産屋は、売却の相談を受けると、価格査定をして、この不動産ならこれくらいで売れますよと、売却価格の提案を売主にします。

その売却の提案を受け入れられるかどうかは売主の気持ち次第ですが、売りたい価格よりも不動産屋の査定価格の方が安いことが多く、多少なりともギャップが出てきます。

少しでも高く売れる可能性を求めて、相場より少しぐらい高く売り出すことはよくあることですが、さすがにその価格で売るのは厳しいという高い価格にこだわる方もなかにはいます。

売出し価格は売主が決めていい

実際には、売主が自分の不動産をいくらで売り出したっていいのです。

どれだけ相場より高かろうが、売りに出すこと自体は何の問題もありません。

しかし、現実的に考えれば、その売主さんの物件以外にも周りに同じような条件の売り物件がたくさんある場合とか、買い手は必ず周りの物件と比較します。

売主としては、相場を無視して高すぎる売出し価格をつけてしまうと、他の適正価格の不動産をよく見せるための当て馬的な物件として利用されてしまうだけになる可能性もあります。

高く売るというのは、相場の中での最高値を目指すということ

不動産、土地というのは、一つとして同じものがなく、工業製品のように同じものを製造することができない、つまりそもそも希少性が高いという特徴がありますが、春日井でも場所によっては、売り物件が多いとか供給過多になっていて、売りにくい土地も増えています。

春日井の売買市場の中における商品価値を正しく理解した上で売り出し価格を決める方が、結果としてより高く売る可能性が広がることになります。

おすすめの記事