土地の大きさによっても評価は変わる

土地を売る価格を決めるときに、周りで売買取引された土地の成約価格を参考にすることが一般的です。

ただ、土地の大きさや地形や高低差や日当たりや周辺環境など、ひとつとして同じ条件の土地はないので、例えば隣が坪45万で売れたからといって必ず同じ評価になるとは限りません。

不動産の価格も需要と供給のバランスで決まるので、買いたい人がたくさんいそうな土地は高い価格がつきますし、逆に買い手が敬遠したくなるような条件の土地は価格が安くなります。

土地の大きさなどでも、春日井で言えば、住宅を建てる人だと40~50坪くらいを求める人が多いですが、100坪とか200坪欲しいという人はいないわけじゃないですが、やはり少ないです。

買い手には予算があるので、その土地を気に入って欲しいと思っても、予算が間に合わなければ買えません。大きな土地は総額が大きくなるので、予算的にも買える人が限られてきます。

土地の大きさひとつで評価が変わってくるのですが、売り主の立場で言えば、標準的な売れやすい面積の方が、坪単価としては高く売れる可能性が高いということになります。

大きな土地を漠然と一般的な住宅用地を探している人に紹介してもなかなか買い手は決まりません。

大きな土地の需要ももちろんありますので、その土地それぞれの用途に合った買い手を探すことが売り主として少しでも高く売るために必要なことです。

少しでも土地を高く売るための方法についてご興味がある方は春日井シティ不動産にご相談ください。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。