不動産はすぐ売れるのか?

不動産屋さんは、もし売主が急ぎで売却代金が必要なら、安くても即時売却に対応できるように、時間に猶予があるなら、なるべく高目の相場を狙って売却できるように提案をします。

一般的には、相場の価格帯で、売り出して3ヶ月以内に買い手が見つかれば、期間的にスムーズな売却と言ってもいいのではないでしょうか。

売出して買い手が見つかる迄の期間+契約から決済迄の期間が必要

もし、すぐ買い手がみつかって、いま売買契約をしても、引き渡し決済、つまり売却代金を買主から受けとるのは、早くて契約から1ヶ月ほど、通常は2ヶ月ほどはかかります。

契約内容によっては、契約から3ヶ月後とか半年後とかケースバイケースですが。

現実には、さらに売り出して買い手が見つかるまでの販売期間が加わります。

この販売期間は買い手が見つからなければエンドレスになる可能性もあります。

売り出してからすぐに買手が見つかる場合もあれば、1年経ってもなかなか買い手がつかないということもあります。

至急の売却を要すなら買取りも検討

とにかく早期売却を希望するなら、買い取りという方法もあります。

買取であれば、買取業者が提示金額に合意すれば、一般の仲介よりも最短で売買代金を受け取ることが可能です。

ただし、買い取りの場合は、一般仲介相場よりも安くなってしまいます。

価格設定が重要なポイント

査定評価において、物件そのものの良し悪しの評価のほかに、いつまでに売却したいのか、時間的な要素も考慮する必要があります。

急いでないからといって、高い価格をつけて売り出しておけばそのうち買い手がつくという時代でもありません。

逆に、売り出してすぐ買い手がついてしまうと、ちょっと安かったんじゃないか、もっと高く売れたんじゃないかと、売主が後悔しても困ります。

買主はより安く買いたい、売主はより高く売りたいと思っています。

売主と買主の双方代理的な立場にもなりえる不動産屋にとっても、売却価格設定というのはとても重要なポイントとなるわけです。

 

おすすめの記事