不動産が売れるまでの時間について語る

お客様が不動産を売却するにあたり、不動産屋としてはまず価格査定をするわけですが、その価格の査定評価において、物件そのものの良し悪しの評価のほかに、いつまでに売却できるのか、つまり売主が急ぎで売りたいのかそうでないのか、時間的な要素も考慮する必要があります。

不動産はすぐ売れるのか?

急ぎで売却代金が必要なら、安くても即時売却に対応できる買い手を探しますし、急ぎでないなら、なるべく高目の相場を狙って売却できるように買い手を探します。一般的には、売り出して3ヶ月以内に買い手が見つかれば、期間的にスムーズな売却と言ってもいいのではないでしょうか。

仮に、目の前に買い手がいたとして、いま売買契約をしても、引き渡し決済、つまり売却代金を買主から受けとるのは、早くて契約から1ヶ月ほど、通常は2ヶ月ほどはかかります。もちろん契約内容により、契約から3ヶ月後とか半年後とかいろいろです。

現実には、さらに売り出して買い手が見つかるまでの販売期間が加わります。この販売期間は買い手が見つからなければエンドレスになる可能性もあります。

売り出してからすぐに買手が見つかる場合もあれば、1年経ってもなかなか買い手がつかないということもありますが、至急、売却代金を受け取りたい場合は、特に、買い手がみつかるまでのスピードが重要事項ですので、価格の査定評価も変わってくるというものです。

しかしながら、急いでないからといって、高い価格をつけて売り出しておけばそのうち買い手がつくという時代でもありませんし、逆に売り出してすぐ買い手がついてしまうと、ちょっと安かったんじゃないか、もっと高く売れたんじゃないかと、売主が後悔しても困ります。

買主はより安く買いたい、売主はより高く売りたいと思っていて、売主と買主の双方代理的な立場にもなりえる不動産屋ですから、売却価格設定というのはとても重要なノウハウです。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。