相場は売りたい価格ではなく売れた価格

売主にとっての売りたい希望価格と実際に売れる価格が違うというのはよくあることです。

思ったより高く売れたというのはそれほど多くなく、思ったほどは高く売れなかったなというのが一般的な印象かもしれません。

不動産屋の査定としては売れるであろう価格を提示しますが、価格査定するにあたって何を重視するかというと、近隣や条件が近い類似物件が実際に売れた価格です。

今現在、売りに出ている物件の販売価格ではなく、売買契約がなされた実際の成約取引価格です。相場の価格幅の中で、売れるであろう上限のラインを見極めて価格を提示することとなります。

売りに出す価格はあくまで希望価格ですから、いくらで売り出してもいいのですが、買い手もネットで相場や物件情報を簡単に知ることができる時代なので、わざわざ相場よりも高い価格の物件をすすんで買う理由はありません。

これからますます売物件が多く増えてくる中で、他の売り物件よりもいかに優れているポイントを買い手に伝えられるかを意識したいものです。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。