成年被後見人の居住用不動産の処分

成年被後見人の居住用不動産の処分の取引完了しました

成年被後見人の居住用不動産の処分の案件、1年半がかりでようやく完了しました。

成年被後見人である高齢のお父様名義の春日井市内の土地を、後見人となった息子様がお父様の面倒を見るために売却の手続きをすすめるという案件でした。

すべて家庭裁判所の許可を得ないと進められないのですが、いくら息子でも、お父様の為という理由があったとしても、家庭裁判所はそう簡単にはお父様名義の不動産処分を認めてくれません。

高齢化や障害などで後見制度を利用する方も毎年1万人以上増えているそうで、後見による不動産処分などの案件もこれからますます増えてきますが、被後見人を不利益から守るための制度の運用が厳格なので、後見人にとってはかなりの負担と労力を要することも多いと思います。

あくまでもお父様の財産を守るというのが大義なのですが、後見人であるご家族がお父様の為と思ってやろうとする行為が、裁判所からみればお父様の財産を侵害すると判断されることも多いので、後見人家族もこの制度に縛られて逆に苦労することも多く、実際に今回の案件も一筋縄ではいきませんでした。

後見人案件で家庭裁判所との折衝以外でも、本件が市街化調整区域の土地であったため、買主が住宅を建築するために、春日井市の開発審査会の許可を要したり、上水道本管の延長工事だったりとか、旧家屋の建物解体工事で住替えもありました。

関係行政との調整が難しいことも多く、この案件の各調整とりまとめが不可能かと思われた時もありました。しかしながら、売主様はもちろんですが、買主様も本当にいい方で協力していただき、当初の予定よりも大幅に時間がかかってしまいましが、最終的には無事に土地売買の取引完了となりました。

本当に売ることができるのかと心配していた売主様も、土地を購入してマイホームが建てられるのか不安にさせてしまった買主様にも最終的にはとても喜んでいただけたことにホッとしています。

今回、成年被後見人の居住用不動産の処分について、私自身も初めての経験でしたが、いろいろと進め方や注意点などについて感じたことも多かったので、あらためてブログで取り上げてみたいと思います。ありがとうございました。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。