不動産売却査定で注意してほしいこと

良い査定とは価格が高いことでしょうか?

たとえば

土地を売りたいと

不動産会社3社に

いくらで売れるか

価格査定をお願いするとします。

そして、もしも

査定価格が

A社:坪35万 B社:坪37 C社:坪40万

だった場合

価格的にはC社が一番いいわけですが

少し注意してほしいことがあります。

 

不動産仲介の場合

査定価格は

車とかの買取査定と違って

絶対に売れる価格ではなくて

売れるであろう価格です。

だからもし査定価格で

売れなくても

不動産会社は責任は取るどころか

高くて売れないから

価格を下げましょ

なんて

平気で言ってきます。

お前が査定したんだろうが!

といいたくなりますが

仲介の場合は

よくある話ではあります。

 

だから

ぱっと価格を見て

高い査定価格を出してくれた会社に

気が向くのは売主として当然ですが

その担当者が査定した価格の根拠が気になるところです。

 

売れる価格

売れるかもしれない価格

は違うということ。

もちろん

確実に売れると言っても

足元を見るような安い価格は論外ですが

高い価格であっても

売れなければそれもまた論外です。

中には

売れるかもという売主の気持ちを

逆手に取ってわざと高値で査定する業者もいて

思い通りに売れない。

時間ばかり無駄に過ぎる。

結局値下げばかり。

みたいなこともあるので

その価格の根拠

ほんとに売れるの?

というところを

確認したいですね。

 

担当者の人柄と経験。

これが大事です。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。