事故物件を語る

けっこう前の話ですが、私が以前に住んでいたところの近くにあったマンションの一室で自殺がありました。住んでいた方のお二人が亡くなっていたとのことで、警察はもちろん一部マスコミも取材にきたりと結構騒がしかったのを覚えています。

自殺や火災など事故物件は売れるのか

とても気の毒な話なのですが、不動産屋目線としては事故物件の後始末が気になってしまいます。

このマンション自体は分譲マンションなのですが、所有者が自分で住んでいる部屋もあれば、誰かに貸している部屋も多く、この自殺があったお部屋の所有者が住んでいたのか、それとも貸していたのか、そして最終的にこのお部屋がどう処理されたかはわかりませんでした。

次にまた貸したのか?売ったのか?いずれにしても、このような事件や事故があった物件はいわゆる事故物件といわれて、一般的には忌み嫌われます。

年間3万人が自殺する世の中ですから、このような物件も珍しくもないのですが、金銭的な評価にも大きく悪い影響があり、貸すなら家賃を相場よりも安くしないと借り手がいない、売るなら相場よりかなり安くないと買い手がいないということになります。

私も、過去に3件ほど事故物件の売買をさせてもらったことがあります。安ければ事故でも気にしないという方もいますが、それでも事件や事故の程度によります。

事故物件専門を買取りする業者もいますが、やはり価格は叩かれてしまいます。ふんだりけったりですが、それ以外に買い手がいなければ仕方ありません。

ちなみに、このような物件を売るなり貸すなりするときは、あらかじめ買い手や借り手にその事実をお伝えしておかないといけません。その事実を隠して取引をしてもまず必ずバレますし、賠償請求の対象となる可能性も高いので注意が必要です。

告知事項に該当する明確な基準については、いろいろ判例もあって一概にいえないところもありますが、隠すつもりはなかった、伝えないといけないと知らなかった、なんていうのは通用しません。

事故物件については、相場よりもかなり安くはなってしまいますが、売れないこともないし、貸すこともちろんできますので安心してほしいと思いますが、その事実を隠して取引をしてはダメですよ、ということです。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。