いい加減な売れる話に振り回されないでください

価格査定にいったときに、他社さんはもっと高い価格だったとか、近所の人でもっと高い価格で買いたいという話があったとかお聞きする場合があります。

当然、売主としては高い価格で売れた方がいいに決まってるのですが、ここで売主様に注意していただきたいことがひとつだけあります。

それは、その聞いた価格で本当に売れるのかということ。

今買い手がいて、すぐにでも売買契約ができるという具体的な話なのか、それとも売れるかもしれない、買うかもしれないというこれからの可能性の話なのかということです。

先日の話ですが、坪単価35万くらいで査定した土地があったのですが、売主にお聞きすると他の業者で45万以上で売れると言われたとのこと。それで本当に売れるなら良い話だし、私の目利きがおかしいという話になるのですが、普通に考えればどう考えてもむずかしい価格です。

売主も45万で簡単に売れるものと算盤勘定してる様子だったので、本当にその単価で売れるかどうか、買手がいるのかどうかその業者に確認した方がいいですよとお伝えしました。後で聞いたら、やはり売れるかもしれませんという可能性だけの話で、売主はがっくりされたという何だかよくわからないいい加減な話がありました。

ただの可能性の話なのか、具体的に買い手がいてのオファーなのか、そこを売主は見極める必要があると思うし、業者は誤解を与えない説明をきちんとするべきです。

売主の気を引くために、可能性という話で高値で出して、売却依頼を受けてから売れなければ値段を下げていくというのもよくありますけど、その売主様は45万ですぐにでも売れると勘違いしてましたから、説明が足りてなかったようです。

あと、これは売主自身のお付き合いの中で、近所の人で欲しいと言ってる人がいるというのもよく聞くのですが、いざじゃあ話を聞いてみると、全然価格で折り合えないレベルだったり、事情がかわって今はいらないとか、具体的な話にならないケースの方が多いのです。

相場より安く売る事例ならいくらでもありますが、相場より高く売れるってそんなうまい話ないでしょというのは、第三者の立場で考えればすぐわかることだったりします。

購入申込書など書面出してこの価格で買いますよという話ならわかりますが、口頭での話は業者であってもいい加減な話もありますのでご注意ください。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。