一般媒介か専任媒介かどちらがいいか

一般媒介と専任媒介どちらがおススメですか

不動産の売却を依頼する際に、売主と不動産会社との間で媒介契約というものを結びます。

一般媒介と専任媒介(専属専任媒介もあります)、どちらがいいのかという話をよくきかれます。

簡単に言うと、一般媒介というのは複数の不動産会社に依頼してもいい形式専任媒介(専属)は1社に限定して依頼する形式です。

不動産屋から見た一般媒介と専任媒介の違い

不動産仲介の仕事は、成約報酬となりますので、他社との競合になる一般媒介の場合、どれだけ広告や販売活動を頑張っても、他社で成約となれば、報酬を頂戴することはできません。

専任媒介の場合は、もし他社が買い手を見つけてくれて成約したとしても、売主側の業者として売買契約に関わりますので、売り手からの報酬を頂戴する形となるので、一般媒介のように成約してもタダ働きになってしまう可能性はありません。

なので、不動産業者としては、できるならば専任媒介で依頼をいただきたいのが本音です。

売主から見た一般媒介と専任媒介の違い

では、売主の立場からみるとどうでしょうか。

一般媒介で複数の会社に競ってもらうか、専任媒介で1社を信頼してまかせるか。どちらが売主にとってメリットがあるでしょうか。

複数で競わせた方が高く売れそうでしょうか?競争の方が業者さんは一生懸命動いてくれるでしょうか。逆にやる気をなくしてしまうでしょうか。

専任で1社に信頼してまかせた方が業者は頑張るでしょうか?逆に余裕をかましていい加減になるでしょうか?

売主が不動産業者に求めるものはなんでしょうか。やはり、安心に、安全に、より早く、より高く売却してもらうことだと思います。

この希望を叶えるためには、一般か専任かどちらがいいのでしょうか。

わたしが売主ならこうします

わたしの答えは、どちらでもいい。です。

売却を成功させるために一番大事なことは、信頼できる不動産屋に依頼できるかどうか。ということであって、一般か専任かという話ではないということです。一般か専任かの選択で多少の良し悪しはあると思いますが、仕事ができる不動産屋にまかせているなら、一般か専任かにかかわらず、きちんと結果は出るということです。

もし僕が売主の立場ならどうするか?もし信頼できる不動産屋がいるならそこに専任でまかせます。もし不動産屋に全く縁がなければ大手と地場でがんばってそうな町の不動産屋の2、3社に絞って一般で依頼します。

不動産屋の立場の私としては、なるべく専任で依頼していただけるようにご提案はしますが、一般媒介で依頼されたとしても他社に負けないよう、売主の期待に応えられるよう努力はします。ただ、たまに5社とか、それ以上のすごい数の不動産業者に依頼している売主さんがいますが、それだけはおすすめしません。不動産屋なんか信頼してないよと言われてるに等しいと感じます。

いい仕事をするために最低限でも信頼関係は必要です。

一般がいいとしても2,3社で十分だと思います。

形にこだわりすぎず、不動産屋そして担当者を見極めてほしいと思います。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。