春日井の中古マンションを売るか貸すか

マンションを売るのと貸すのどちらが得か

売るのと貸すのと何を比較するのか

所有しているマンションを、売るか?貸すか?どっちが得か?というご相談がありました。

売るのと貸すのとどちらがいいと思うか?

という質問に対して、「絶対に貸すべきだ!」とか、「絶対に売るべきだ!」という絶対的な正解が出せるほど話は簡単ではありません。

相談者の事情や意向、マンション自体の状況、市場の動向によって、アドバイスや提案も大きく変わってきます。

貸す場合

例えば、貸すにしても、5万で貸せるのか、10万で貸せるのか?

そもそも借り手はいそうなのか?ちゃんとした借り手が見つかるかどうか?

どれくらいの期間借したいのか?1年か、2年か、10年か?

貸すためのリフォームが必要なのかどうのなのか?

一回貸すと、貸し手の都合で部屋を返してもらうことはできないが、問題ないか?

住宅ローンの返済が残っているのかどうか?

賃料収入と必要経費のバランスはどうか?

収益性はあるのかないのか?・・・

まあいろいろありますが、貸す場合は、長期的にシュミレーションしますが、先の話はあくまで想定です。

なので、シュミレーション通りに収益が得られない可能性もありえます。

売る場合

売るにしても、いくらで売れるのか?

1000万か?1500万か?2000万か?

買い手は見つかりそうか?

いつ売りたいのか?今か?3年後か?5年後か?10年後か?

価格相場の動向はどうだろうか?

住宅ローンが残ってるかどうか?

売却金額から必要経費を差し引いた手取りはいくらになるか?

売れる金額さえ出れば、それで損益の数字ははっきりわかります。

所有し続けたい理由がなければ売りが優勢

貸すにしても、売るにしても、それぞれにメリットとデメリットはもちろんあります。

売買なんかは、売却価格さえ出せば損得勘定もしやすいのですが、賃貸に関しては長期の収支でどうなのかという話なので、賃料や借り手等の条件が変われば当初の勘定がくるってしまう可能性も高いです。

実際には、住宅ローン残とマンションの時価、そして市場動向に大きく影響されてしまいますが、どうしても所有し続けたい理由があるのなら別ですが、5分5分くらいで悩んでいるのなら売る方が賢い選択になるのではないかと個人的には思います。

もし、どちらかに決めきれないなら、貸すのと売るのと両方同時に募集をかけて、反響の様子を見て判断するという手もないわけじゃありません。

売るのか貸すのか迷っているようでしたら、ぜひ一度ご相談にお越しください。

 

お問合せフォーム

ご質問やご相談などございましたら、春日井シティ不動産の山本までお気軽にお問合せ下さい。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。