土地の大きさとか売りやすさの話

土地の大きさとか売りやすさの話

自分の土地を少しでも高く売りたいと思うのは当然のことですが、希望する金額ですんなり売れるということは多くはありません。

なぜなら相場があるからです。

それは、土地の立地とか地形とか陽当りとか環境とかだったり、買い手の動向だったり、複合的な要素に影響されます。

その中でも、面積、つまり土地の大きさが査定価格に与える影響は大きいと個人的に思っています。

例えば、住宅向けの用地として200坪の土地と50坪の土地があったとしたらどちらが売りやすいでしょうか。

売りやすいということは高く売れる可能性が高いということですが(場所とか地形とか周辺環境とかいろいろな要素はおいときます)、

結論から言うと、200坪の土地より50坪の土地の方が売りやすいです。

なぜか。

50坪の土地を探している人の方が200坪の土地を探している人より圧倒的に多いからです。

やはり土地の相場も、需要と供給のバランスです。買いたい人が多いか少ないかでその土地の価値が決まります。

春日井の住宅用地ということでいえば、200坪の土地を個人で買う人というのはかなり少数派です。

個人の買手が見つからなければ、その土地がほしくて買える人というのは、建売業者しかいないということはよくある話です。

でも建売業者も商売の採算が合う価格でしか買いませんから、一般個人が売買する相場よりは下回ることが多いのです。

買い手の需要で土地の相場は決まるわけです。

逆に50坪の土地ならば、その面積の土地を探している人は多いのです。買い手の予算総額の話でもあります。

土地の価格というのは時価なので、土地それぞれの個別条件の違いと買い手の動向という要素も理解すると、いい加減な不動産屋の査定価格に振り回されることがなくなり、適正価格の上限値での売却も可能となります。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。