市街化調整区域の再建築

調整区域で住宅の再建築ができない!?

春日井のとあるの市街化調整区域にある土地建物の査定のために調査をしたのだが、住宅の再建築ができないことが判明して、所有者も困惑しています。

20年ほど前に店舗併用住宅ということで建築要件の許可を取り建築、そのまま現在も住居として自己使用している土地建物なのですが、役所への聞き取り調査の結果、もし、その土地建物を買った人が、将来、建て替えをしようと思っても、建築は認められない「可能性が高い」ということです。

ご本人も、購入した当時には、まさか20年後に売ることなんか考えもなかったわけで、でも住宅の再建築ができないとなれば、残念ながら、土地の評価としては大きなマイナスになってしまいます。住宅の再建築ができる可能性は完全にゼロでないにしても価格評価に大きな影響が出ることは必至です。

想定していた売却の目処がたたず、計画見直しをしないといけません。

市街化調整区域の土地というのは、原則建物の建築ができないのですが、既存宅地の要件などがあって住宅建築できる土地もあります。この土地は建築できると「誰か」が言ったとしても、その要件はかなり複雑なので、ちゃんと調べていくと、結局、希望の建物は建てられないというのはよくある話です。

不動産屋も調整区域の土地はかなり慎重に取り扱います。住宅建築のために調整区域の土地を買う場合は、そのあたり慎重にご確認されてください。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。