住宅ローン残債がある場合の買換えは、原則売り先行

今住んでる家を売却して、新しい家を購入したい。買換えの注意点。

基本的に住宅の住替えの場合、売るのと買うのを同時進行で進める必要があります。

売るのが決まっても、次の家が見つからないとか、逆に、次の家は見つかったのに、今の家が売れてないとか、片方だけ決まっても、買換えの場合は、話をすすめられない場合が多いです。特に、現住居の住宅ローンが残っていて、次の家を住宅ローンで買いたい場合は、ほぼ同時に売却と購入をすすめないといけません。

次の家を自己資金で買える場合や、セカンド住宅ローンを利用できる属性の方は、この限りではありませんが、一般的には、現住居の住宅ローン残債を完済しないと、新たな住宅ローンはくめません。新居の住宅ローンを借りるときは、まず現住居の住宅ローンを完済する条件がつくはずです。

いったん自己資金で完済できる人は心配ないですが、売却資金を完済に充てる必要がある場合は、現住居を売却しない限り、次の家の購入手続きは進められないことになります。

一口に買換えと言ってもいろんなケースがありますが、住宅ローンが絡まないケースは、売却が先でも、購入が先でも、資金の心配がなければ、両方同時に進めなくても心配ありません。

現住居の住宅ローンの残債が残ってる場合においては、売り先行で進めていくのがベター

次の家が見つからないのに、先に現住居が売れても困るというのもその通りなのですが、次の家が見つかったのに売却が決まってないという方が、残債がある中においてはハイリスクです。

買換えを成功させるには、どちらにしても売り買い両方成就させる必要があるわけです。

以前に、買う物件だけ先に契約してしまい、現住居の売却がまだ決まらずに、期限だけが近づいて困っているという相談がありました。最終的にはギリギリで売却できましたが、売却価格も予定より下げることになりましたが、気が気でなかったとおっしゃっていました。

住宅ローンが絡んでいる買換えは、売りと買いのタイミングを合わせる必要があります。しっかりとシュミレーションして慎重に進めましょう。お気軽にご相談ください。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。