古家の解体について

古家の解体について

売地で販売しているのに古家がついている物件がままあります。

新たにマイホームを新築するために土地を買う方からすれば、古家はいらないわけなので、じゃあその古家はどうするんだというお話です。

解体は誰がするのか?いつするのか?費用は誰がもつのか?などなど。

誰がというのは、売主か買主かということなんですけども、契約時の引き渡し条件が「更地渡し」であれば、売主の方で古家を解体してから更地の綺麗な状態にして引渡しをしてくれます。その場合は契約してから引渡しまでの間に解体をすることが多いです。

また、「現状のまま」古家付きで引渡すという条件であれば、買主が土地の引渡しを受けてから自費で解体しないといけません。現在の解体費用の相場は木造で坪当たり25,000~35,000円くらいでしょうか。もちろん現場の状況によって違いますが、30~40坪くらいの建物だけで100万円くらいは解体費用がかかってしまいます。建物以外にも土地上の門扉や塀や樹木などもあれば撤去する必要があります。

で、その「更地渡し」か「現状渡し」かというのは誰が決めるのか?

という話ですけども、結論から言えば、売主と買主の交渉によります。販売時の物件資料には、引き渡し条件で「更地渡し」か「現状渡し」か書いてあると思います。

買主としては、最初から更地渡しの条件なら、古家解体の心配はなくなります。

「現状渡し」の場合でも、「更地渡し」あるいは「解体費用分の値下げ」交渉の余地はあります。

ちなみに、「値下」か「更地渡し」かという2者択一ということであれば、一般の方であれば更地渡しが安心です。

解体してみたら、地中埋設物が出てきたとかのイレギュラーが発生して余分に費用がかかるケースというのはちょくちょくあったりします。このあたりは、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)という話になりますが、これは別の記事で書いてみます。

余談ですが、古家付売地だけじゃなく中古住宅として売り出されている物件であっても、価格によって建物解体を前提で、土地として検討できる物件があるかもしれません。

いずれにしても売主買主どちらがどのリスクを背負うのかというのは、売買契約条項でしっかりと取り決めますので、このあたりもよく不動産屋さんに確認していただきたいと思います。

 

お問合せフォーム

ご質問やご相談などございましたら、春日井シティ不動産の山本までお気軽にお問合せ下さい。

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。