春日井の土地買い手事情を語る

当社のお客様はほとんどが春日井市内で土地や一戸建や中古マンション、法人の場合は事業用物件を探しています。その中でも個人のお客様の傾向を見てみると、圧倒的に土地をお探しの方が多く、その次に戸建、マンションと続きます。

春日井で土地購入希望のお客様動向

当社のお客様はほとんどが春日井市内で土地や一戸建や中古マンション、法人の場合は事業用物件を探しています。その中でも個人のお客様の傾向を見てみると、圧倒的に土地をお探しの方が多く、その次に戸建、マンションと続きます。

これから土地や建物はますます供給過剰となる時代ですが、やはり春日井で暮らす方のマイホーム購入という潜在的な需要は、まだまだ根強いものがあります。春日井においても人気のエリアなどありますが、名古屋のベッドタウンとして発展してきた街なので、それぞれの地域性はあるものの、割と平均的に生活環境が整っている住宅地が多いのです。

ちなみに、今の春日井の住宅用地の成約単価を見ていると、一般的な住宅地で35万~45万、郊外で15~25万円前後、一部の人気エリアで50万前後といったところでしょうか。結局、土地の値段も需要と供給のバランスで決まるわけなので、買いたい人が多い場所なのか、売りたい人が多い場所なのか、が価格に反映されています。

ここ数年、中心市街地の単価は上がり目ではありますが、個人的にはピークは過ぎたかなという気はしています。

買い手の希望条件については、土地の場合、予算1500万~2000万、広さ40~50坪くらいでというリクエストが一番多いと思われます。それ以外にも、小さくても郊外でもいいからとにかく安い土地がほしい人、予算はいくらでもいいからとにかく一番人気エリアの勝川周辺に住みたい人、駅から離れてもいいから静かにゆったり暮らしたい人、豪邸を建てるために広大地がほしい人など、様々なリクエストがあります。

現在、春日井で売り出されている土地の数は300物件以上はあると思いますが、全部が全部すんなり買い手が決まるというわけでもなく、その中でも条件の良い物件に買い手が集中するということもあったりします。

昔と違い、買い手も物件情報の収集はインターネットで簡単にできるようになったので、相場感をはじめきちんと物件のことを調べてから購入を決断をすることができるようになりました。探し始めてから3か月~6か月くらいで購入される方が多いようですが、運よく、探し始めてすぐに希望にぴったりの物件を買える方もいれば、なかなか縁やタイミングが合わず1,2年探している方もいらっしゃいます。

いずれにしても、春日井における買い手のマイホーム需要はまだまだ多いと思いますが、人気の場所とそうでない場所の二極化は着々と進んでいる気がします。

 

 

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。