資金計画の重要性を語る

不動産の購入にあたり、まず最初に何をすればいのでしょうか。何はさておき、まずは物件探しからでしょう。というのが一般的ですよね。まだ具体性のない段階であればなおさら、少しずつ知識を蓄えて将来に備えようということになろうかと思います。それでいいと思います。問題があるわけではありません。ただ今日は、あえて資金計画こそがマイホーム計画の肝ですよ。物件探しの前に資金計画が実は大事なんですよ。ということをお伝えしたいのです。

資金計画がなぜ大事なのか

最初から順序よく進められれば苦労しないよという声も聞こえてきそうですが、マイホームを購入したいけど、自分がいくらの物件を買うことができるのか、あるいは買おうとしているのか、資金計画もそこそこに、けっこう漠然としたイメージで、物件を探されている方も少なくないと思います。

資金計画とはいったい何か?わかってるようでわかってないことかもしれません。資金計画のできてる状態というのは、ざっくりいえば、家を買うためのお金の用意がどれだけできるのか、その裏付けがとれてる状態だとしましょう。

ほとんどの方は住宅ローンを利用されますので、資金の裏付けというのは銀行でいくらローンが組めるのかということになります。予算が2000万なのか、2500万なのか、3000万なのか、物件を探すにあたって、希望のマイホームを探すことができるのかは、その資金計画にかかっています

いざ具体的な購入の話になれば、必然的に資金計画をせざるを得ない状況にはなりますが、早めに資金の裏付けができてるといいことがあります。それは、気に入った物件が出てほしいと思ったときに、確実に購入できるチャンスが広がります。どういうことかというと、その物件を気に入ったのがあなただけでなく、他の人も気にいって競争になる可能性も大いにあります。そのときに、資金計画ができてない人、つまり、その物件が欲しくてもまだ買えるかどうかわからない状態の人と、すでに資金計画が万全で買える状態にある人と、どちらがそのお気に入りの物件を買うチャンスが高いでしょうか。物件を買うかどうかの選択するだけという状態は強いです。

せっかく気にいった物件なのに、他の人に先に申込みされてしまうという悔しい経験も、マイホームの購入ではよくあることですが、いつ買いたい物件が見つかるかはわからないので、結局しなきゃいけない準備なら早めにしておいて損はないと思います。

どんなことであれ物事を成功に導くためには周到な準備がかかせません。

なかなか物件探しがうまくいかないという方がいらっしゃれば、もしかしたら資金計画も含め、マイホーム購入に必要な準備が少し足りてないかもしれません。根本はどうして家がほしいのか。なんのために家を買うのか。このあたりを掘り下げていくと、希望がより明確に具体的になり家さがしが進んでいくのですが、これはまた別の機会にお伝えしたいと思います。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日さわやか対応のナイスガイ。趣味はラグビーとキャンプ。