購入申込み重複について語る

いろいろと物件を探した結果、やっと気に入ったと物件と出会い、購入申込みをしたのはいいが、タッチの差で他の購入希望者に先を越されて、2番手になってしまった。

せっかく購入申込みをしたのに2番手になってしまった・・・

一般に売りに出ている土地や戸建やマンションに関しては、ほとんどの不動産屋が同じ物件を扱うことができますので、それぞれのお客様に紹介していたりします。

基本的には、先着順で購入申込書を出した人が1番手となります。前向きに検討していても、存在を知る由もない他の買い手も同じように検討している可能性があるわけです。

売主専任の不動産屋であれば物件窓口なので、他社でも検討中のお客様情報を網羅できますが、客付の不動産屋の場合は他社の動きはリアルタイムではわかりませんので、今日の朝に物件確認したらまだ売れてなかったのに、今日の夜に他社のお客様から購入申込みが入ってしまいました。というのは意外とよくある話だったりします。

不思議なもので、長い間売れてない物件でも、ある時に申込みが重なったりするわけですが、2番手になってしまった方にとっては、申し訳ないですとしかいいようがないのですが、縁がなかったと割り切れる方もいれば、あきらめがつかず長く悔やまれる方もいて、不動産屋としても無力感にさいなまれます。

まれに1番手の方がローンが通らないとかでキャンセルになって2番手にまわってくることもありますが、多くの場合は、また次の物件探しを再開させることとなります。

「お客さん、早く決めないと他で決まっちゃいますよ!」という定番の営業トークがありますが、まんざらただの押売りトークというわけでもないのです。とは言いながら、ただ売りたいだけの目先の不動産屋も少なくないのでそこはよく吟味していただきたいと思います。

場所がいいとか、価格が手ごろとか、条件の良い売り物件というのは、多くの人が探しているので、早く売れてしまう可能性は高いのは事実です。なので、希望する物件を1番手で購入するために、物件の良し悪しを素早く判断できるようになるまで知識を学んで準備をしておきましょう。物件をたくさん見て不動産屋とやりとりを重ねることで、物件の見方も上手になりますし、資金計画や手続きの流れもわかるようになります。

慌てて買って後悔しないための準備でもあります。あと、不動産屋とよい関係ができると、密に情報交換ができるようになるので、物件探しにより力を発揮すると思いますよ。

春日井の土地売却を必ず成功させる方法

春日井の土地売却は春日井シティ不動産におまかせください

春日井の土地や建物をより好条件でより高く売るためのノウハウや考え方を
春日井シティ不動産代表の山本がわかりやすくお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプ。