住宅ローンの審査では、収入や職業などの属性以外に健康状態というのも重要なポイントとなります。一般的に、団体信用生命保険(団信)に加入できることがローン承認の条件になっていてます。なのでもし、健康状態や病歴で団信に加入できないとなると、民間銀行では住宅ローンを借りることが難しくなってしまいます。

住宅ローンは団体信用生命保険加入が条件

春日井のある中古住宅を購入したお客様のケースです。

住宅ローンの事前審査で某都銀から承認をもらい、売買契約を締結しました。

売買契約後、本審査にすすみ、団信の告知事項も特に問題なくクリアして、住宅ローンは本承認となりました。

順調にスケジュールがすすみ、売主と残金決済日をその時から約1か月先に設定しました。

買主様は、リフォームも予定してたので、引き渡しの翌日からリフォーム工事に入れる段取りも業者さんと組み、あとは都銀さんと金銭消費貸借契約を締結するだけの状態。

夢のマイホーム、新居への引っ越しのカウントダウンもはじまっていました。

融資実行までに団信の告知内容が変わるとマズイ

ところが、買主様が金銭消費貸借契約の数日前に『脱腸』の手術をしたとの告白。

手術といっても、入院もなく病状は軽いもので、普段と変わらず元気なのですが、『脱腸の手術』が銀行で大問題になってしまいます。

団信の申込時に、病歴や手術歴、治療状況など告知しますが、融資実行までに告知内容に変更があった場合、銀行も団信の審査をし直さないといけないといいます。

そうなると、月末の決済の予定は白紙、売主にもリフォーム業者にも、日程延期の同意をもらわなければなりません。

最悪、再審査で団信が不可となった場合、延期どころか、契約の解除という選択肢も頭に入れる必要も出てきます。

すでに本承認が下りた後で、ローン特約の期日も過ぎているので、違約金の支払いによる契約解除しかできない状況ですから、買主はもちろん、私も、銀行もあせります。

団信再審査により決済3週間遅れました

結果としては、団信の再審査により、あらためて承認となりました。

結局、団信も2度も出し直ししました。本当にヒヤヒヤものでした。

売主様も、決済期限の延期に快く同意してくれたのも助かりましたが、当初の予定から3週間遅れで決済をすることができました。

この買主様の場合、融資実行してからの手術であればなにも問題なかったのです。

融資実行前の話だったので告知内容が変わったということで団信の審査し直しとなってしまいました。

団信不要の住宅ローンもある

もちろん、融資実行前でも、急病でお医者さんにかかることはあり得ますので、その場合は致し方ないことです。

しかし、住宅ローンの団体信用生命保険の取り扱いには注意が必要です。

私自身よく確認しておく必要があったと反省しました。かなりレアなケースでしたがとても勉強になりました。

ちなみに、過去の病歴等で団体信用生命保険に加入できないという人もいらっしゃいます。

その場合、住宅ローンでもフラット35の場合は、団信の加入が任意のローンも扱っています。

団信に入らなくても利用できる住宅ローンのご利用を検討してくださいね。

https://kasugai-life.com/contact/

おすすめの記事