仮契約という言葉の意味

仮契約という言葉を聞いたことありますか。

こないだお客様がある土地を気に入っておさえたいので仮契約できますか?

というようなニュアンスでお尋ねがありましたが、基本的に仮契約というものはありません。

とりあえず物件を押さえるという意味で、購入申込書、いわゆる買付を出すというのはありますが、買付時に申込金を払うとかもなく、これは契約行為ではないので、気が変わってやっぱり買うのやめたと言ってもペナルティは基本的にありません。

売買契約ということでいうと、手付金を売主に払って、契約書に署名捺印すれば、契約成立になります。契約書に従って買主の立場の責任を負うことになります。

本気で購入を決断したのであれば、仮契約だろうが関係ないのですが、仮の契約だからあとで断ることもできるとか思っているとしたら、軽く考えすぎです。

もともと仮契約というのは売込系の営業会社がお客様の契約に対する重い気持ちのハードルを下げるために、とりあえずの仮契約です的なことをいいながら、気づいたらしっかり契約成立させている。営業手法的な言葉のマジックで使ってたんじゃないかと思います。

要するに、仮契約だろうがなんだろうが、言葉の言い回しは別にして、契約は契約なのです。

契約をしてしまったら、自分の都合だけで、契約をやめたり、契約内容にどうこう言うことができなくなってしまいます。

なので、軽い気持ちでとか勢いにまかせてとかで、印鑑を押してはいけません。

 

 

 

 

おすすめの記事