買付の順番は先着順

購入希望者は購入申込書で意思表示をする

基本的に不動産仲介の場合、物件購入は先着順で決まります。

買い手は、この物件を買いたいと決断したら、購入の意思表示として、購入申込書(買付け、かいつけ)を不動産屋を通じて売主に提出します。

写真は賃貸入居申込書※参考

気に入った物件が見つかって購入の決断がついたという矢先に、たまたま同時に検討されていた他の買い手に先に越されて購入できなかったということは、人気物件の場合はよくある話ですが、その場合、先に購入申込書を出した人が1番手の購入希望者となります。

2番手の購入希望者は、1番手がキャンセルになった場合のみ、繰り上がりで購入のチャンスが周ってくるということになるわけです。

あくまで購入希望の段階なので、住宅ローンの審査は大丈夫なのかとか、手付金は用意できるのかとか、すぐに契約はできるのかとか、冷やかしとか軽い気持ちとか、買い手としての信用度の問題もあります。

価格交渉などの条件が合意せずに商談決裂となる場合もあります。

購入申込書を提出して、売り手と売買の条件が合意となれば、正式に契約へと進んでいくことになります。

なので、買付けだしたら100%OKというわけでもありません。

購入申込書による先着順というのは一番フェアなルールだろうと思います。

おすすめの記事